気持ち新たに。

新たに、写真家 川野 恭子 のWEBSITEを開設することにしました。

2008年、「カメラ女子」という立場から写真をはじめたわけですが。

書籍を出版させて頂いたり、
広告撮影をさせて頂いたり、
カメラメーカーさんの講師というお仕事を頂いたり、
遠くからフォトツアーの講師としてお呼び頂いたり。

たくさんの経験を重ねるうちに、
プロの写真家として活動するようになりました。

そうしているうちに、
自分に向き合い、作品に向き合い、自分の生きている証を残していきたい、
と強く思うようになりました。

以前からそう思っていなかったわけではないのですが、
どこか、自分のしっくりする居場所・被写体を探せずに
時が過ぎていたように思います。

ところが、昨年訪れた北海道の十勝岳で
自分が向き合うべき被写体が「山」だったと気づいた。

本当に、あの景色に出会えたのは偶然だったのだけど、
それは神様の贈り物だった、と今は思っています。

日常の景色のなかから切なく儚い瞬間を
大事に切り取ってきたハイキーな作風の「ゆるかわ」。
それはそれで大事にしつつ。

これからは、「山」という被写体に本気で向き合っていきたい。
写真家として、さらに「世界」という山にも登っていきたい。

そして、山と向き合うことでこれまで自分が重ねてきた幾つもの思いを整理し、
自分の生きた証を残していきたい、そう思っています。

そして、私にしか残せない山を表現していきたい、とも。