原点へ

二年ぶりに訪れた、山の原点。

あの日も、そしてこの日も、訪れようとしていたわけではないのに、思いがけず導かれたという不思議。

 

山よ、ただいま。