憧れの秘境


台風13号の接近により、南アルプス山行の計画が流れてしまった。去年のこの時期も同様に、北アルプス山行の計画が流れて悔しい思いをした。8月の第一週は、台風の特異日ならぬ特異週なのだろうか。

それはさておき。
昨日の情熱大陸にて、黒部源流にある三俣山荘の密着取材が放映された。ここの山荘を知ったきっかけは、もとを辿れば黒部ダム工事の歴史からなのだけど、黒部のことをさらに知りたくなって手にとった本「黒部の山賊」が直接のきっかけ。

この本は、三俣山荘の元オーナー伊藤正一さんが書かれたエッセイで、黒部源流の山小屋を譲り受けたが、どうやらそこには山賊が住んでいるらしい…さてどうする…というくだりから始まる。黒部源流の大自然を舞台に経営する山小屋の日常や、山賊との奇妙な暮らし、山岳遭難や山の怪…など、幅広い話題から黒部源流について触れているのが面白い。最初は、山賊なんて実在するのか…という興味本位から読みすすめたが、日本最奥の秘境と呼ばれる場所「雲ノ平」があって、そこには山小屋がある、ということに興味がシフトしていった。まだ山を登りはじめて一年経たないころのことで、その年はとにかく憧れの黒部源流に足を運ぶことを目標に山行を重ねていった。

そして、その年の夏に夢を実現しようと、黒部源流への山行を計画していたのだが、前述の台風で計画が流れてしまった。黒部源流山行には最低4日は必要なので、その年はまとまった時間がとれないから無理だろうと諦めていた。

ところが、9月の終わりに3日間の空きができた。しかもこの3日間、北アルプスは高気圧に覆われるとの予想が出ている。3日間…この行程で行くには1日10時間歩かねば辿り着かない。だけど、行くならこの時しかない、と思い切って計画を遂行することにした。単独行で初めての場所、そしてかなりのロングトレッキング。不安がないわけではなかったが、これまでの山行経験から行けると確信していた。その確信どおり、1日で新穂高登山口から三俣山荘まで辿り着くことができた。写真で見ていた、本で読んで想像していた憧れの景色が目の前にある…足を運んだものだけが見られる絶景がそこにあった。そのことが本当に本当に嬉しかった。

日本には、まだまだ知らない景色がたくさんある。そもそも、山の上に山小屋なんてあることさえ知らなかったくらいだ。足を運ぶことでしか見られない絶景。日本国内でさえ、まだ見ぬ景色が数え切れないほどあることに驚くと同時に、嬉しくて楽しくてしかたない。私は冒険家ではないけれど、冒険家というのはこんな気持なのだろうな…と嵐の前の静かな夜に想いを馳せる。

なんでこんなことを書き連ねたのかというと、Facebookのタイムラインに湯俣温泉の投稿が表示されていたから。この温泉は歩いて数時間の秘境にあるのだが、この温泉を知っていたらかなりの山好きか、秘湯好きだと思う。