冬の光にて

いつの間にか立冬を過ぎ、暦の上では既に冬。
どうりで光が儚いと思っていたら。

儚い光を求め、木々は空を仰ぐ。
儚い夢を求める私は、何を仰げはよいのだろう。