物・事を選ぶ基準。私の場合。

昨日、仙丈ケ岳(3033m)に登ってきました。

かれこれ三年愛用しているトレッキングポール「グリップウェル」を企画製造されている山口さんにお誘い頂いたのでした。

初日は馬の背ヒュッテに泊まり、二日目に仙丈ケ岳をアタックする行程です。

昨年の仙丈ケ岳山行にて馬の背ヒュッテに立ち寄ったことがきっかけで、小屋番をされている斎藤しのぶさんとやまもとゆたかさんに出会いました。

山小屋の方とのご縁が深まる機会はあまり無いのですが、偶然が重なりご縁が続くことに。京都で開催した個展にゆたかさんが訪ねて下さるなど、良い関係を続けて頂いてます。

その個展で写真集をお買い上げ下さったのですが、サインを入れるかお伺いすると、

「小屋の図書コーナーに置くので、ぜひ小屋に来てサインを入れて下さい」

とのこと。なんて粋な計らいでしょう。写真集を小屋に置いて下さることはもちろんですが、小屋まで担いで下さるなんて。ただでさえ重い荷物を担ぐのにも関わらず。

今年その約束を果たす予定でいたら、まさかの山口さんからのお誘い。そうなることが決まっていたかの様な運命的なタイミング。サインを入れる約束を果たし、「山を探す」は晴れて馬の背ヒュッテ図書コーナーの一冊になりました。

山口さんもしのぶさんとお知り合いなので話が盛り上がり、飲みながら再会を喜ぶ夜。ちなみにしのぶさんは、振る舞い酒として一升瓶を担いで日本海から太平洋を縦走した伝説の方。この晩も「山女」という日本酒を振る舞って頂きました。お酒の名前がまた憎い。

こうして、写真だけでなく、山での繋がりが広がるのはとても嬉しいです。

翌日飲み過ぎたせいで身体が重く。ポールの推進力にどれほど助けられたことか。社交的で柔軟、そして誠実な山口さんのお人柄がポールの性能に現れている。このポールとどれだけの山に登り、助けられ、縁を繋いでもらったことでしょう。

道具に行き先に。最終的にはその方のお人柄に惹かれ、モノもコトも選んでいる、ということに改めて気づかされた山行。入口としてはそうでないこともあるけど、出口から振り返ると結局その人に惚れている。

私もそのような魅力ある人間でありたいものです。

  

グリップウェル

http://gripwell.jp/index.html

馬の背ヒュッテ

http://www1.inacatv.ne.jp/umanose/

山を探す

https://kyokokawano.stores.jp

未来を選ぶ。

この手で選ぶ。

後悔しないために。

未来を担う人々のために。

役割

お正月に買ったみかんの存在を忘れており、気付いたら腐敗が進んでいた。腐敗しきったら胞子はどこにいってしまうのだろう。気持ち悪いと思うより先に、疑問が脳裏をかすめた。そして、写真に残したくなった。残したから何になるのだろう?と思いつつ。

気持ち悪いと思うものも、自然の摂理においては欠かすことの出来ない存在。何かしらの役割が与えられている。すべては無駄ではないということ。

そう考えると、私がいま、この写真を残した行為も無駄では無く、いつか役に立つときが来るのかも知れない。

 

 

幸先

2019年初の山行は、一面雪景色の丹沢。

広範囲かつ長時間、霧氷が見られることは丹沢山塊では珍しいこと。幸先の良い山始めとなった。今年はどれだけ、山、そして写真と向き合えるだろうか。

個人的に今年は、これまでとこれからを見つめ直すタイミングだと感じている。なりたい自分はどうやら自分にとって得意なことではないらしいから。それなら無理せず、好きで好きでたまらないことに全力で取り組んだ方が良いのではないか。それさえ得意なことかどうかは分からないけども、少なからず後悔はしないだろうし、幸せになれる気がしている。

幸せって…何だろう。

 

皆様にとって、良き一年となりますように。

 

 

 

 

 

冬の光にて

いつの間にか立冬を過ぎ、暦の上では既に冬。
どうりで光が儚いと思っていたら。

儚い光を求め、木々は空を仰ぐ。
儚い夢を求める私は、何を仰げはよいのだろう。

山岳写真と山女日記

個人的に、山岳写真は興味がない。

と言うと、これまで散々山が好きと言い、山の写真を見せてきた私の活動意義が疑われるが、いわゆる「山というものはこうあるべき」と言う写真に興味がないということ。私にとって山は、心象を表現する媒体であるから、朝日に照らされて美しく輝く山肌や、構図を完璧にとりながら山容全体を写すような作品ばかりを撮りたいわけではない。心は笑う時もあれば泣く時もあり、ここにあらずな時もある。ガスに覆われて山容が見えそうで見えない景色や、アウトフォーカスで目線がどこにも合わない景色も撮るし、むしろそうした景色の方が好きだったりする。

だけど、いわゆる山岳写真が撮りたくなる時もある。それは、山の美しさに圧倒されたときだ。これは撮らなければ…と景色に撮らされてしまうのだ。雄大なパノラマを前にすると下界の悩みなどたわいもないことのように思えてくる。リアル山女日記とでも言おうか。そんな瞬間にシャッターを切らされる。

山女日記とは、さまざまな思いや悩みを抱えて山に登る女性たちの心模様を、山々の風景とともに描写していく小説だ。湊かなえさんの女性心理の表現がとてもリアルで、むしろ登場人物がご本人なのではないだろうか、と思う。そしてそのつぶやきこそが歯に絹着せぬで面白い。登山道を歩く間に脳裏に往来する思いや悩みも、山頂の美しい景色を前にするとどうでも良くなってしまう、といった展開がこの小説のパターンになっている。

そんな気持ちにさせてくれる景色をお持ち帰りしたくなるのはよくわかる。だから、私もついそんな写真を撮ってしまう。今日の写真はまさしくそれだ。

だけど、山岳写真に興味がないのは自分が感じている山ではないからなのかもしれない。そしてやはり、あの美しい景色は五感で感じるから感動するのだと思う。肌を刺す張り詰めた空気、秋から冬に変わる匂い、上空を流れる風の音、緊張と疲労からくる喉の渇き、その後に訪れる安堵。私はおそらく、五感と言う心が見たいのだ。心はいつも感動だけではないから。張り詰めた空気も、匂いも、風の音も、喉の渇きも、安堵も、それぞれを写真に残したい。誰にとっても同じに見える山ではなく、自分が思う山を撮りたいのだ。

とは言え、もちろん山岳写真は素晴らしい。あの厳しい環境に立ち向かい、重い機材を担ぎ、絶対的瞬間を狙いシャッターを切るのだから。あの一瞬のためにどれだけの時間と労力をかけるのかと思うと頭の下がる思いだ。表現には色々なアプローチがある。何が間違いで正しいかは関係なく、何を魅せたいかなのだと思う。

そして余談だが、山女日記も好きだし、いつか悩み多き女性を山に連れて行き、雄大な景色を見てもらい、心を解放してあげたいと思ったりしている。理屈抜きで感動させられると言う意味では、山岳写真と山女日記はアプローチは違えどゴールは同じなのかもしれない。

可視化

上は冬。下は秋。

 

心ここにあらず

10月も三連休を過ぎると、紅葉は人里へ降り、アルプスは雪の便りが届く。山小屋も小屋閉めを迎え、いよいよ人を寄せ付けないきりりとした空気に包まれる。

数日前、山が眠る前に…と前穂高岳に登った。今撮りためている作品に足りないイメージを探しに登った。山に入ったその日は快晴であったが、前穂高岳に登る日はどんよりとした雲に覆われ、山頂に着くと同時にガスに覆われてしまった。ちょうど一年前のこの頃、涸沢から奥穂高岳に登った時もガスに覆われ、周囲の山々を見ることは叶わなかった。今年こそは…と期待していたが、求めるイメージは真逆で、ガスに包まれた神秘的な景色だった。どちらに転んでも複雑な思いだったであろう。写真家としてならガス、登山家としてなら晴れを望むからだ。しかし、この山行は写真家として登ったのだからガスで正解だったのだ。

その日は岳沢小屋で一泊し、翌朝下山した。下山しようと小屋をあとにするが、何度も振り返ってしまい歩が進まない。山眠る前の岳沢の山肌を見て不思議と涙が流れそうになった自分がいた。何故だか分からないが、この山の景色はどこかで見た景色のようで離れ難かったのだ。それは、慣れ親しんだ町を離れるような感覚だった。

コースタイムの倍以上の時間をかけ上高地に戻ると、そこはスニーカーにカジュアルな服装に身を包んだ観光客で溢れていた。自然と「下界に戻って来てしまった」という違和感が心を満たしていた。昨日まで普通に見ていた景色の筈なのに、あれから数日経った今も魂はここに居ない。

 

宙に恋する山


山になったら、あの宙に近づけるのだろうか。

登山者のエゴと写真家のエゴ

思いがけず、剱岳に登ることになった。
自分でこの山域を選んだのだから、思いがけずというのはおかしな表現だが、秋雨前線が南下したことで立山山系の天気が快方に向かった。だから思いがけずというのはあながち間違いではない。

剱岳といえば、新田次郎の小説「点の記」の舞台となった山で、岩だらけの切り立った尾根と厳しい自然環境から、日本地図最後の空白地帯とされてきた山だ。剱岳の核心で難所と呼ばれる「カニのタテバイ・ヨコバイ」くらいは聞いたことがあるのではないだろうか。鎖場の連続で、足場の安定しない切り立った岩肌をひたすら登り続ける。この山ひとつが、生死を掛けた壮大アトラクションと言っても過言ではないだろう。そんな山だから、アルピニストの憧れの対象でもあるし、山を始めて2年程度の経験しかない私からしたら当分登ることのない山だと思っていた。

剱沢キャンプ場に入った時点では大雨で、そこに鎮座しているはずの剱岳はまったく見えなかった。ところが、数時間もしたらすっかり晴れ渡り、夕日に照らされた荘厳な山容が眼前に広がった。山に入る人は分かると思うが、山に受け入れられる瞬間というものがある。風が背中を押してくれるときもあれば、霧が晴れて扉を開いてくれるときもある。今回の劔は、まさしく山が私を受け入れてくれていた。

とはいえ、単独登攀でかつ難易度の高い山であるから、これまでの山行とは比べ物にならないくらい緊張で心拍は無用に高まり、喉の渇きも半端ない。一歩踏み外せば生死に関わる重大事故につながるので、いつも以上に慎重に足場を確認する。正直、山に作品を撮りに来ているのに作品を撮るどころの余裕は無かった。それでも登るのは写真家としてではなく、登山者としてのエゴでしかない。

山に入る理由のひとつとして、自分の生を実感したいから、というのが挙げられる。間違いなく今回の山行はこれまでで一番強く生死を意識したし、下山後これほどまでに生還した喜びを感じたことは無かった。今日アップした写真は、一服剱を超えて生を強く実感した瞬間。下山した直後は当分劔は勘弁と思っていたのに、今度は霧がかった神秘的な劔を写真に収めてみたいと思ってしまう自分がいる。